【スト5】ザンギエフのコンボ・連係(シーズン4)

ザンギエフのコンボ・連係を調べました。初心者~中級者向けです。

ザンギエフは投げ技が強いのでコンボが苦手な人でも使いこなしやすいキャラです。心理戦が好きな人は一度使い込んでみることをおすすめします。シーズン4ではアーマー時に受ける白ダメージが半分になったので、Vスキルを盾に強気に近づいて投げを狙いましょう。

記号の説明
「→」はキャンセルなしのコンボ
「>」はキャンセルありのコンボ
「⇒」は連係など(コンボではない)
[ ]内の数値は[ダメージ/スタン値]
初心者の方は★からどうぞ

跳び込みから

ジャンプ攻撃や地上攻撃(しゃがみ中P、前強P、しゃがみ弱P)はガードされても有利なので投げとの二択で攻めましょう。
ダブルラリアットは前を押しながら出すことで前進しながら技を出すことができ、ダメージの大きい根元がヒットしやすくなります。ヒット後の起き攻めもしやすくなるため必ず前を押しましょう。逆に、ガードされてしまった場合は後ろを押して下がっておきましょう。

ジャンプ中K →しゃがみ中P →弱K >ダブルラリアット[239/386]
※前を押しながらダブルラリアットを押すことで根元がヒットします。
※ガードされた場合はしゃがみ中P(ガード時+3Fで有利)で止めて攻めを継続しましょう。

ジャンプ強K →前強P →弱K >ダブルラリアット [284/526]
※前強Pの発生が遅いのでジャンプ攻撃は深めに当てる。
 弱Kの代わりにしゃがみ弱Pにするとわずかにダメージが上がります[292/526]が、相手がしゃがんでいる場合、弱Kにしておくとダブルラリアットの根元ヒット[305/526]が狙えます。また、弱K >ダブラリの方がダウン時の相手との距離が近いので起き攻めもしやすいです。

ジャンプ下強P(めくり) →しゃがみ中P →弱K >ダブルラリアット[269/436]
※めくっていると離れないのでダブラリも安定します。根元ヒットさせるために前を押すのを忘れずに。

カウンターから

前中K(カウンター) →弱K >ダブルラリアット [215/343]
※前中Kは先端が当たる距離(強スクリュー投げ範囲より少し外)から前中Kをふるといい感じに引っ掛かってくれます。カウンターヒットしていたらしゃがみ弱Pに繋げましょう。空振りした場合もスクリューを狙えます。

Vスキル(カウンター) →しゃがみ弱P >ダブルラリアット [176/343]
※密着の場合のみダブルラリアットまで届きます。弱Kだと発生が遅くて繋がりません。

クラッシュカウンターから

強Pのクラッシュカウンター時はヒットした距離に応じて使い分けましょう。

[近距離] 強P(クラッシュカウンター) →前強P →弱K >ダブルラリアット [299/509]
※強Pはガードされると不利(-3F)なのでできればホールド版(+1F)を出すのが安全です。溜めている時に跳ばれるとマズいですが。。

[近距離] 強P(クラッシュカウンター) →前強P →ボリショイ・ロシアン・スープレックス [480/340 3ゲージ]
※ノーキャンセルでもつながります。
 前強Pの後はしゃがみ中P >ボリショイ [482/410]も可能ですが、難易度が高い割にダメージがほとんど同じです。

[中距離] 溜め後半強P(クラッシュカウンター) →前ステップ →強スクリューパイルドライバー [332/440]
※溜め時間が短い場合は前ステップからのスクリューがつながりません。その場合でも前ステ後は3F有利なので攻めを継続できます。

[遠距離] 強P(クラッシュカウンター) →前歩き →強K [192/300]
※強P先端ヒットだとかなり距離がありますが、少し前歩きすることで強Kが届きます。先端より距離が近ければ歩かなくてもヒットしますが、その後の展開を見込んで少しでも距離を詰めておく方がよいです。
※強Kより強Pの方がダメージは高いですが、発生とリーチに優れる強Kを当てるのが無難だと思います。

投げを警戒してバックステップをする相手には強Kがクラッシュカウンターしやすいです。その後の攻めも継続しやすいです。

[近距離] 強K(クラカン) →前中K [164/260]
※ダメージは少ないですが、前中K後に密着有利で攻めを継続できます。あまり使わない。

[近距離] 強K(クラカン) →タブルラリアット [188/340]
※ノーゲージでダウンを奪って起き攻めする場合はこちら。

[遠距離]強K(クラカン)→ 強K [180/300] ★
※ダブルラリアットは届きにくいので強Kが無難です。着地を攻めましょう。

強K(クラカン) →ジャンプ →EXボルシチダイナマイト [268/380 1ゲージ]
※EXゲージがあればこちらを使って行きましょう。距離が離れていても吸い込みます。ボルシチ後は前ステップで有利(+2F)なので起き攻めも狙えます。

Vスキル

Vスキル →ボリショイ [410/100 3ゲージ]
※キャンセルなしで繋がります。
 Vスキル中に受けた白ダメージもボリショイの演出中でほぼ回復。

Vリバーサル

[自分が画面端] Vリバーサル →ボリショイ・ロシアン・スープレックス [400/0 3ゲージ]
※Vリバーサルヒット後は3F有利のため、距離が近い場合はボリショイがつながります。追い詰められても諦めない。ただ、狙い所が難しい。

Vトリガー1

(強P or Vスキル) >VT1 →最大ホールド ⇒1~3の追撃へ
※VT1で浮かせた場合のコンボ・連携

1 前ステ →ダブルラリアット [304/410]
⇒2 ジャンプ →EXボルシチ [346/440 1ゲージ]
※ダウンを奪って起き攻めへ
⇒3 前中K ⇒さらに3-1~3-3の着地攻め継続へ

 ⇒3-1 強スクリュー [220/250]
 ※本命の投げ
 ⇒3-2 前強P →弱K >ダブルラリアット [207/423]
 ※前強Pはガードされた後も有利なのでスクリューや
  追いかけボルシチもあり
 ⇒3-3 しゃがみ弱K →しゃがみ弱P >ダブルラリアット
 ※手堅く下段

強Kクラッシュカウンター後もこれと同じ連携を狙えます。

強 or EXスクリュー からの起き攻め

最速前ステップで密着2F有利のため、最速しゃがみ弱P or しゃがみ弱Kが割り込まれません。打撃と投げの択を強いてザンギの時間を楽しみましょう。

[打撃重ね]
前ステ →しゃがみ弱K →しゃがみ弱P >ダブルラリアット[146/293]
※ガードされたらしゃがみ弱Pで止めて攻め継続

前ステ →しゃがみ弱K ⇒強スクリュー
※ヒット/ガード関係なく投げたくなったら

前ステ →しゃがみ弱K ⇒前ジャンプ →(ジャンプ下強Pめくり or ボルシチ)
※しゃがみ弱Kで一旦止めてボディプレスめくりを狙う
 この時、相手がジャンプで逃げようとしないかも見ておき、跳んでいたらボルシチで吸いましょう。

前歩き →強K
※逃げる相手にはこちら
 ジャンプには通常ヒットですが、暴れとバックステップにはクラッシュカウンターするのでコンボが狙えます。
 しゃがまれると空振りしますが、相手は固まっていることが多いのであまり反撃されないはず。

受身を取られずに弱攻撃が空ぶった場合は改めて前強Pやしゃがみ中Pを重ねるか投げを狙いましょう。

[投げ]
前ステ →強スクリュー ★
※打撃重ねを見せて固まった相手は投げましょう。

前ステ →しゃがみ弱P >⇒シベリアンエキスプレス
※コンボではないですが、特にEXは発生が早いので捕まえやすいです。スクリューよりも運べるので、画面端が近い場合は狙っていきましょう。

前ステ →通常投げ
(垂直ジャンプされた場合) ⇒ジャンプ →EXボルシチ
※スクリューを避けつつジャンプ攻撃を狙ってくる相手にはこちら。
ガードと暴れには通常投げが入り、垂直ジャンプされても空中投げで捕まにいく二段構え。バックステップで逃げられた場合は仕切り直しましょう。

(対空)ダブルラリアットからの起き攻め

コンボなどで地上の相手にヒットさせて前ステップした場合、相手が通常受け身を取っていた場合は-3Fで不利ですが、対空の場合は当てる高さによって有利になるので攻撃を重ねられます。

前中K接近 →弱スクリュー
※ガードで固まっている相手に

前歩き →強K
※バックステップまたはジャンプで逃げる相手に。

前ステ →しゃがみ弱K→ 前ジャンプ →ボルシチorジャンプ下強P(めくり)
※ジャンプで逃げる相手に。

Vトリガー1発動中

サイクロン絡みのコンボやサイクロン持続当てで大幅有利を狙いましょう。

Vトリガー1発動中のスクリュー後の起き攻め

通常受け身の場合サイクロンの持続が重なり、ヒットで20F、ガードで6F有利で密着状態となります。

強 or EXスクリュー ⇒
サイクロン →しゃがみ弱K×2 →しゃがみ弱P >サイクロンホールド →ジャンプ →EXシベリアン [335/479 1ゲージ]

画面端関連

[画面端] 前投げ ⇒

[打撃重ね] 前強P →弱K >ダブルラリアット [207/423]
※打撃重ね

[投げ] 一瞬待ち→弱スクリュー [200/250]
※投げ

[画面端] シベリアン ⇒

[打撃重ね] 前歩き →前強P →弱K >ダブルラリアット [207/423]
※その場だと弱Kが届かないので少し歩いて距離を詰めます。

[投げ] 弱K(空振り) →中スクリュー [210/250]
※弱Kを空振りしておくとスクリューがぴったり重なります。強スクリューは届かないので中で。

EX無敵技などの空振りに

しゃがみ強P >VT1 →最大ホールド →ジャンプ →EXボルシチ [346/440 1ゲージ]
※Vゲージを使わない場合はクラッシュカウンター関連と同じコンボを狙いましょう。

スタンさせた後などに

垂直ジャンプ上強P →前強P →しゃがみ弱P >ダブルラリアット [312/576]
※ジャンプ攻撃は垂直上強Pのヘッドバットが最大ダメージ。前強Pの後はしゃがみ弱Pより弱Kの方が安定。

垂直ジャンプ上強P →前強P →前歩き →弱K >ダブルラリアット [325/576]
※前強Pの後に一瞬だけ前進するとダブルラリアットの根元が当たり若干ダメージアップ。ゲージなしの最大かと思います。ただし難しめ。

垂直ジャンプ上強P →しゃがみ強P >VT1 →最大ホールド →前ステ →ダブルラリアット [383/555]
※Vゲージを使用する場合はこちら。
 EXゲージがあればEXボルシチでダメージアップ[418/580]

垂直ジャンプ上強P →前強P →しゃがみ中P >ボリショイ [538/460 3ゲージ]
※キャンセルボリショイは (→+強P) ↑ ← (↓+中P) → ↑ ← (↓+P) で入力すると出やすいかと。前強Pとしゃがみ中Pの間でゆっくり1回転、しゃがみ中Pから素早く1回転+P。

垂直ジャンプ上強P →前強P →ボリショイ [530/380 3ゲージ]
※ノーキャンセルで繋がりダメージも上とほぼ同じなのでこちらが実戦向きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください