【スト5】バイソンのコンボ・連係(シーズン5)

バイソンのコンボ・連係を調べました。初心者~中級者向けです。

バイソンはリーチの長いパンチ攻撃で横押ししていくキャラです。Vトリガー1やEX技で一気に画面端に追い詰めることができます。Vスキル1を活用して中段・下段・投げの3択に持っていけると楽しいです。

記号の説明
「→」はキャンセルなしのコンボ
「>」はキャンセルありのコンボ
「⇒」は連係など(コンボではない)
[ ]内の数値は[ダメージ/スタン値]
初心者の方は★からどうぞ

跳び込みからのコンボ

ジャンプ強K →強K →ハードスマッシャー(中K 中P Vスキル1 追加P) [274/493]
※ハードスマッシャー後は前ステップ×2で有利(前+1F/後+6F)なので起き攻めが狙えます。強Kはガードされても+3Fで有利のため攻めを継続できます。中Kを出してヒットしていたらそのままハードスマッシャーに繋げましょう。

ジャンプ強K →強K →中K >EXダッシュストレート >Vスキル1 →アンダーインパクト(弱K 中K 強K) [332/517 1ゲージ]
※EXダッシュストレートは2発打ち切るよりもVスキル1でキャンセルしてアンダーインパクトをつなげる方がダメージが高いです。アンダーインパクト後の起き攻めは弱ダッシュグランドブロー >Vスキルで有利(前+1F/後+6F)です。Vスキル中にタメを作って起き、起き攻めヒット確認して必殺技に繋げましょう。

ジャンプ強K →しゃがみ強P >強スクリュースマッシュ →弱ダッシュストレート[307/510] ★
※追撃をEXストレートにすると画面の半分以上運ぶことができます[356/545 1ゲージ]
弱ストレートはCAキャンセルしてダメージアップもできます[505/510 3ゲージ]

[Vスキル2発動中]ジャンプ強K →強K →しゃがみ中P >中ダッシュストレート →弱ダッシュストレート [328/525] ★
※Vスキル2で強化したダッシュストレートの後は弱orEXダッシュストレートで追撃できます。飛び込み時の距離が近い場合は中K→強ダッシュストレートにすると若干ダメージアップ[335/525]。こちらも弱ストレートをCAキャンセルできます[500/510 3ケージ]

ジャンプ強K →しゃがみ強P >強スクリュースマッシュ →EXダッシュストレート(1段目) >Vスキル >追加P →EXダッシュストレート[418/600 2ゲージ]
※一気に画面端に追い詰めることができます。

地上コンボ

しゃがみ弱K →しゃがみ弱P >弱ダッシュストレート [111/253]
※下段を見せておくことでVスキル1からの中段技コンボを決めやすくなります。

中K →アンダーインパクト(弱K 中K 強K) [168/289]
※中Kはガードされても+2で有利なので攻めを継続できます。ヒット確認してアンダーインパクトに繋げましょう。

中段技

バイソンの中段技は全てKKB(Vスキル1)から追加Kでの派生技となっています。
・ハードプレッシャー(中K 中P KKB 追加K) でターゲットコンボ中に
・ダッシュグランドブロー(攻撃発生前) >KKB >追加K で移動しながら
・EXダッシュストレート(1段目) >KKB >追加K で打撃後に
などなど、攻撃の流れで不意に中段技を出すような使い方となっています。KKB後は中段技での補正切りが本命ですが、下段(しゃがみ弱K)や投げも見せてガードを揺さぶりましょう。手元は忙しいですが、慣れれば気持ちよく攻めることができます。

Vスキル >追加K →中P >EXダッシュストレート(1段目) >Vスキル →アンダーインパクト [257/371 1ゲージ]
※ダッシュストレートやダッシュグランドストレートを当てる前にVスキルでキャンセルすると遠距離からいきなり中段を狙えます。遠距離からのダッュグランドストレートで下段技を見せて相手にしゃがみガードを意識させておくと中段技も当たりやすくなります。

カウンターから

しゃがみ弱K(カウンター) →ハードスマッシャー(中K 中P Vスキル1 追加P) [152/322]
※ガードされていても中Kで。

クラッシュカウンターから

強K(クラッシュカウンター) →強ダッシュストレート [176/300] ★
※強ダッシュストレートはヒット後に+2Fで有利となり、距離も離れないため投げも届きます。ここから打撃と投げの2択を仕掛けましょう。

強K(クラッシュカウンター) →強スクリュースマッシュ →弱ダッシュストレート [232/405] ★
※強スクリュースマッシュは最速で出さないと繋がらないので注意。弱ストレートの代わりにEXストレートで追撃した場合は[281/440 1ゲージ]で、EXストレート >Vスキル >追加P →EXダッシュストレートの場合は[343/495 2ゲージ]です。クラッシュカウンターだとダメージ補正が大きいのでゲージ温存して起き攻め重視でも良いと思います。

しゃがみ強P(クラッシュカウンター) →中or強スクリュースマッシュ →中ダッシュストレート [251/405]
※地上の相手には強スクリュースマッシュを、空中(根元のみクラッシュカウンター)の相手には引き付けて中スクリュースマッシュの先端を当てるようにします。EXダッシュストレート追撃の場合は[293/440]です。

Vトリガー1発動

VT1発動中の専用技の使い分けですが
・チャージングバッファロー(追加前P) ・・・ スタン値が高い
・バースティングバッファロー(追加前K) ・・・ ダメージが高い、当てやすい、タッシュグランドストレートからもつながる
なので、スタンを狙う場合はPを、それ以外はKを使うのがよいです。実戦では安定するKを使う機会が多いです。ここでは基本は追加Pを使用した場合のコンボで記載します。

ジャンプ強K →強K →中K >強ダッシュストレート >Vトリガー1 →中K >強ダッシュグランドブロー >追加前P >追加前K >Vスキル1 >追加P →EXダッシュストレート >追加前P×2 [377/630 1ゲージ]
※EXダッシュストレートはVスキル1 >追加Pの時にタメを作り、少し引き付けて出すと最後の追加Pも当てやすくなります。

Vトリガー1の発動方法として
Vスキル1 >追加P >Vトリガー1発動 →中ダッシュストレート >追加前P …
強K >Vトリガー1発動 →中ダッシュストレート >追加前P …
とするとガードされもVトリガー発動後の中ダッシュストレートが割り込まれません。ガードされても追加前Pまで出しておくと-2の不利で反撃は受けません。

Vトリガー1発動中

ジャンプ強K →強K →しゃがみ中P >中スクリュースマッシュ >チャージングバッファロー >VスキルP →EXダッシュストレート >追加前P×2 [423/710 1ゲージ]
※Vトリガーキャンセルをしない場合は補正も少なくなり大ダメージが狙えます。

ダッシュストレート >追加前P >Vスキル1
⇒追加K →中P >中ダッシュグランドブロー >追加前P >Vスキル1 >追加P >EXダッシュストレート >追加前P×2 [358/610]
※しゃがみガードで固まっている場合の補正切りコンボ。暴れる相手には割り込まれてしまいます。これを当てるために相手を固めたい。

ダッシュストレート >追加前K
>(遅めに)追加前K >Vスキル1 >追加P >EXダッシュストレート >追加前P×2 [325/440 1ゲージ]
※追加前Kの2段目または3段目をギリギリまで遅めに出すと連続ガードにならず、小技暴れを潰すことができます。そのままコンボ再開しましょう。

EXスクリュースマッシュ (ガードされたら)>追加前K ★
※EXスクリュースマッシュは発生後3F~16Fにアーマー判定があるので暴れや対空に使えます。本来はガードされると-17Fでスキだらけですが、Vトリガー1発動中の追加攻撃を出しておくと-2Fとなるため反撃されません。強引に突破したい場合に。

後ろ投げから

後ろ投げのあとに最速で弱ダッシュストレートを出すと、相手が受け身をいた場合にダッシュストレートの持続が重なります。ガードされても-1の不利となり反撃を受けません。

弱ダッシュストレート(カウンターヒット) →しゃがみ中P >中ダッシュストレート [222/390] ★
※カウンターヒットした場合にしゃがみPがつながります。

弱ダッシュストレート →微歩き →弱P >弱スクリュースマッシュ[187/333]
※通常ヒットの場合でも一瞬前に歩くと弱Pが届くようです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください