【スト5】ランクマッチのLP分布

スト5ランクマッチの各リーグの人数とその割合を調べました。(2022年6月更新)

各リーグに必要なLP

各リーグ(LP帯)に必要なLPの表です。

リーグリーグポイント
(LP)
(リーグアップに
必要なLP)
ROOKIE 0 〜 499(500)
BRONZE500 〜 999(500)
SUPER BRONZE1000 〜 1499(500)
ULTRA BRONZE1500 〜 1999(500)
SILVER2000 〜 2999(1,000)
SUPER SILVER3000 〜 3499(500)
ULTRA SILVER3500 〜 3999(500)
GOLD4000 〜 5499(1,500)
SUPER GOLD5500 〜 6499(1,000)
ULTRA GOLD6500 〜 7499(1,000)
PLATINUM7500 〜 9999(2,500)
SUPER PLATINUM10000 〜 11999(2,000)
ULTRA PLATINUM12000 〜 13999(2,000)
DIAMOND14000 〜 19999(6,000)
SUPER DIAMOND20000 〜 24999(5,000)
ULTRA DIAMOND25000 〜 29999(5,000)
MASTER30000 〜 34999(5,000)
GRAND MASTER35000 〜 99999(65,000)
ULTIMATE GRAND
MASTER
100000 〜 299999(200,000)
WARLOAD300000 〜

各リーグに必要なLP(グラフ)

上のLPの表をグラフにしました。

“ULTIMATE GRAND MASTER”と”WARLOAD”への道はかなり長いことがわかります。
現実を見据えて、”GRAND MASTER”までに限定すると下のようになります。

LP_GRANDMASTER以下

だいぶ均等になりましたが、”DIAMOND”から先も長そうです。ランクアップに必要なLPも増えているだけでなく、”DIAMOND”からは最上位リーグのプレイヤー(プロもいます)ともマッチングされるため、”SUPER DIAMOND”に上がるのは険しい道のりになりそうです。

各リーグの人数

各リーグ(LP帯)にいる人数です。2022年6月調査時のものです。LPは常に変動していますので、Rankと分布人数は大まかな値です。また、PC版に移行してPS4版と複数アカウントを持っているプレイヤーも増えていているようですので、実態とは多少異なってきているかと思います。

リーグRank分布人数人数割合
ROOKIE1770000 〜 1040000730,00041.24%
BRONZE1040000 〜 690000350,00019.77%
SUPER BRONZE690000 〜 490000200,00011.30%
ULTRA BRONZE490000 〜 40000090,0005.08%
SILVER400000 〜 300000100,0005.65%
SUPER SILVER300000 〜 25000050,0002.82%
ULTRA SILVER250000 〜 22000030,0001.69%
GOLD220000 〜 15000070,0003.95%
SUPER GOLD150000 〜 12500025,0001.41%
ULTRA GOLD125000 〜 10800017,0000.96%
PLATINUM108000 〜 7600032,0001.81%
SUPER PLATINUM76000 〜 5800018,0001.02%
ULTRA PLATINUM58000 〜 485009,5000.54%
DIAMOND48500 〜 2320025,3001.43%
SUPER DIAMOND23200 〜 1200011,2000.63%
ULTRA DIAMOND12000 〜 73604,6400.26%
MASTER7343 〜 46002,7440.16%
GRAND MASTER4580 〜 12783,3030.19%
ULTIMATE GRAND
MASTER
1275 〜 3069700.05%
WARLOAD305 〜 13050.02%

全世界合計で175万以上のアカウントが登録されています。以前の調査で、2020年5月時点で約120万、2021年2月時点で約154万でしたので、アカウント数としてはまだ増えているようです。

各リーグの人数(グラフ)

上のリーグ人数表をグラフにしました。

LP分布2022.6時点

自分がどのくらいの位置にいるかの参考にしてみてください。

“ROOKIE”が多いですが、ネットワーク対戦をしていない人も含まれているようです。
そこで、ランクマッチをある程度やりこんでいるとされるラインをLP1500(ULTRA BRONZE)と仮定して、
“ULTRA BRONZE”以上に絞り込んでみると下のようになります。

LP分布UltraBronze以上2022.6時点

もう少し上のリーグで、”プラチナ”以上に絞り込んでみると下のようになります。

LP分布Platinum以上2022.6時点

最後に、ランクマッチ無差別級の”ダイヤモンド”以上に絞り込んでみると下のようになります。

LP分布Diamond以上2022.6時点
タグ:

「【スト5】ランクマッチのLP分布」への8件のフィードバック

  1. ここ数ヶ月、知り合いの多くがプレイ環境のPC>PSへの差を感じてPCへの移行をしています
    体感的にも対戦相手のプロフィールを覗いてみるとその潮流を感じます
    連勝ボーナスが加わってあっという間にランクを上げている反面、同じ人物が結果的にサブアカウントとなり最近のリーグ人数割合を大きく膨らませ大きな変化が現れているのではと思っています

  2. ようやくウルトラブロンズに入れました。これで全体の3割に入れたってことになるんですね。上位は遠い

  3. すみません、この分布人数はCFNから割り出したんでしょうか?

    2021年2月(ファイナルシーズン)時点での分布図を作りたかったのですが、
    CFNのランキングを見ると、50位ずつしかズラせなくて途方もない時間が掛かってしまいます…

    なにか良い調査方法があったら教えていただけないでしょうか?

    1. CFNで条件指定して各リーグ上限下限のLP上にいるプレイヤーのRANK調べています。例えばDIAMONDではLP20000とLP14000のプレイヤーのRANKがそれぞれ17000と33000だとして、その差分(16000)をDIAMONDの人数としています。
      ご参考までに、シーズン5に向けて記事も更新しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください