【Git】Git登録とGitHubへのリポジトリ登録手順

git

新しくGit管理する時の初回と2回目以降の手順をまとめました。

初回のみの作業

1.GitHubでリポジトリを作成

リモートはGitHubを使用します。
「New」をクリックして

「Repository name」にリポジトリ名を入力して、「Create repository」
非公開にするなら「Private」を選択

URLはあとで使うのでコピーしておく。

…or create の部分にも手順が載っている。 ここのgit remote add origin URL からコマンドごとコピーしておくのが楽。

2.リポジトリ作成

ターミナルでGit管理するディレクトリに移動して


$ git init

3.インデックス登録


$ git add -A

4.コミット

HEADに登録する


$ git commit -m "コメント"

5.リモートリポジトリのURLを登録

1.でコピーしたものを貼り付ける


$ git remote add origin git@github.com:ユーザー名/リポジトリ名.git

6.リモートへpush


$ git push -u origin master

以上で完了。2回目以降は以下のとおりシンプルになります。

2回目以降のGit管理

初回登録して編集後

1.インデックスに登録


$ git add ファイル名

もしくは


$ git add -A

2.コミット


$ git commit -m "コメント"

3.リモートへpush


$ git push

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください