【Git】よく使用するコマンド

git

Git関連のコマンドについてよく使っているものを羅列します。
あとでもう少しまとめます。

ローカルリポジトリ

ディレクトリをgit管理下に置く

アプリケーションのルートディレクトリに移動して

git init

変更・削除・新規作成されたファイルをaddする

git add -A
git add --all

バージョン管理されていて変更・削除されたファイルをaddする

新規ファイルはaddされない

git add -u
git add --update

ファイル新規作成した場合はインデックスに登録

git add ファイル名

カレントディレクトリ以下で変更・削除・新規作成されたファイルをaddする

git add .

全てを変更してコミット

git commit -am "コメント"

全て変更する-a + コミットメッセージを追加-m = git addと同時にcommitする-am

git commit

-mを付けずに実行するとコメントを何を書けとviが起動する
Escで入力モードを終了
:w保存 + :q終了 = :wq保存して終了

リポジトリ変更

現在のローカルリポジトリを確認

アプリケーションのルートディレクトリに移動して

git remote -v

URLを変更

git remote set-url origin 変更先URL

変更されたかgit remote -vで確認しておく

ブランチ作成

ブランチ作成して使用ブランチ変更

git checkout -b ブランチ名

ブランチ確認

git branch

 * が現在のブランチ

リモート登録(GitHubなど)

リモートリポジトリURLを設定

git remote add origin リモートURL

リモートへのプッシュ

アプリケーションのルートディレクトリに移動して

リモートへのプッシュ

初回はこちら

git push -u origin --all

ローカルのリポジトリをリモートのoriginにプッシュ

git push -u origin master

-u--set-upstreamのこと 

リポジトリにアップロード(2回目以降)

git push

2回目以降はローカルリポジトリの上流をorigin masterに規定するため、次回からgit pushのみでorigin masterでpushできる

リモートにブランチを作成

git push -u origin ブランチ名

差分マージ

masterブランチに戻って

git checkout master

指定したブランチでマージ

git merge ブランチ名

修正関連

以前のコミットをチェックアウトして元に戻す

git checkout -f

ブランチを削除する

git branch -d ブランチ名

 あまり消さない方がいい

トピックブランチ上の変更を破棄する

git branch -D ブランチ名

その他

Git設定確認

git config --list

各コミットの統計情報

git log --stat

ログ

git log --since=20.days

20日前までのログを表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください